Service

LEARN MORE

放射線影響評価

 DNA損傷から被ばく線量を推定し、推定した線量から疾病リスク評価、治療優先順位決定を行うサービスです。物理線量評価と合わせてDNA損傷レベルをモニタリングすることで放射線業務従事者、被災者の方等の健康管理を行うことができます。

DNA修復能力評価

 DNA損傷は、体のDNA損傷修復機構によって修復されます。そのDNA損傷修復能力は個人によってことなり、これを知ることができれば、DNA損傷に対する耐性が分かります。自分がどの程度の修復能力を持っているのか知ることができれば、自分に適切なストレス状態を知ることができます。

生活習慣評価

 DNA損傷から、日々の生活習慣が細胞に対してどの程度の影響を及ぼしているのかを定量することで、生活習慣が疾病リスクに与える影響を可視化するサービスです。一般の方やアスリートの方の日々の健康管理に利用することができます。

Dinow は “健康” と “安心” を提供します

株式会社Dinowは茨城大学でDNA損傷について研究する研究室の教授と修士学生が共同で設立したバイオベンチャー企業です。アメリカNIH(National Institute of Health)で研究員としてDNA損傷修復関連タンパク質であるH2AXを用いたDNA損傷評価法γ-H2AXアッセイの確立に関わった中村麻子教授が、2011年の東日本大震災の際 に被災した方々から感じた「放射線の影響に対する強い不安」をどうにか解消したいという気持ちをきっかけにDNA損傷評価の社会実装に関する研究を進めてきました。

その研究から特にγ-H2AXアッセイの特徴を生かした放射線被ばく線量評価、損傷修復評価、ヘルスケア評価を軸に「DNA損傷をもとに人々に安心と健康な生活を届ける」というミッションを掲げて取り組みます。

About Us

LEARN MORE

髙橋 健太 Kenta Takahashi

代表取締役社長 CEO

茨城大学理学部理学科生物科学コース 卒業、茨城大学大学院博士前期課程1年

中村 麻子 Asako Nakamura

取締役 最高技術責任者 CTO

茨城大学理学野教授

News

Access

所在地

Find us at the office

茨城県水戸市南町1丁目2-32 M-WORK

Give us a ring

Dinow 代表メールアドレス

info@dinow.co.jp

CONTACT